FC2ブログ
愛と萌えのパワーをピンキー改造に燃やすブログです。

祭礼前夜
P1000597.jpg  P1000595.jpg


ラクシのワンピースが出来上がりました。
風の大陸の時代の服は一枚の布を寄せたりひもでしばったりして着ていたみたいです
スカートや肩のヒラヒラが難しくてなかなか形にならなかったです。

腕輪の装飾が細かくて大変でした。こんぺでティーエを作った時、時間がなくて石を入れられなかったのでwaveのリベットパーツを入れてみました。

ベルトの布をねじりすぎて土佐犬みたいになりました

双影の宮殿
P1000568.jpg


「風の大陸」のラクシを作ります。
アイリペの使用前・使用後です。
ラクシは男装の美少女という設定なのでまつげを消しました。
アイリペする時、いつも絶対色がハミ出るのですが、
今回は全くハミ出なかったです。やっぱり新品の筆を使ったのがよかったのかなあ

P1000572.jpg


使用するパーツはこんなかんじです
風の大陸ですので風が吹いててナンボです。スカートはひらりとしたものを使いました。

葛藤の都
左向き  右向き


腕から腰に伸びる青い帯ですが、これは苦労しました。パテを伸ばしたはいいものの、重力に負けてだんだんダラ~っと下がってきてしまうのです。
パテが固まるまであと3時間程支えていないといけないのだろうか…それはしんどい…と、ザリガニのようにひもで吊ってみました。なんとかうまくカタチになってよかったです。
一番よくできたところはというと、バックの月です。全然ピンキーと関係ないですけど。
A4コピー紙に適当にプリントして自宅の茶の間で撮影したとは思えないほど幻想的な仕上がりでびっくりです。

ティーエは、霊とオーラが見えます。宇宙人に育てられて、魔術を使えて、さわると人の考えていることがわかるんですよ!最終的にはピラミッドの力を借りて大陸を救ったりします。でも、ちっともうさんくさくないのがティーエの凄いところです。

宿命の都



上半身は、サクラ大戦のさくらのパーツの帯のリボンを取り、袖を削って襟をつけました。
下半身は、ロングスカートのパーツにパテを巻いただけです。なぜ足がチラ見えしているのかというと、本当はティーエはズボンみたいなのをはいてるんですよ。それが見えるようにしたかったのですが、時間がなかったので作れませんでした。

ティーエは古代アトランティス大陸に住んでいた人です。この時代は、まだ立体裁断の技術がないので、布を巻きつけて着ていたようです。
「風の大陸」は、「世界ふしぎ発見」並に勉強になります。

色を塗る前は、仏像を彫ってるみたいでした。ピンキーを初めて買った日、道立近代美術館で、「空海展」を見たんです。仏なんて、いるんだかいないんだかわかんないようなものを具現化する先輩モデラーの運慶快慶はすごかったです。私も今日から頑張っていこう、って思いました。私、晩年は仏像を彫り上げたりするようになるんでしょうか。

風雲の都市
メイン


顔パーツはルイを使いました。
こんぺということで、気合を入れて、瞳を普段やったことがないような塗り方で塗ったら、慣れていないので時間がかかってしょうがなかったです。
前髪パーツは、マキのパーツを使い、サイド部分はそのまま生かし、前髪部分をパテで盛って作ったんです。
顔から外してパテ盛りしたら、出来上がってから組む時割れてしまってがっかりしました。パテは伸縮しないから…しょうがないので作り直しました。2回目の方がいい感じにできたのでよかったんですけど。

全然話が変わるんですけど、テレビで「テニスの王子様 劇場版」をやってたのを、最初の10分だけ見たんですよ。
私は、テニスの王子様を見たことがないので、それこそ、ピンキストの方々が改造されたピンキーを見て、こんなキャラがいるんだな、くらいの知識しかないのですが、
テニス部の男の子たちが、豪華客船を持っているテニス好きの金持ちのおじさんに呼ばれて、船上でテニスをすることになるんですよ。
私は、そのおじさん、どうみてもうさんくさくて、テニスが好きというより、テニスをしている男の子の方が好きなように見えたんですよ。
それなのに、男の子たちは、誰とダブルスを組むか、とか、試合に勝つ事しか考えてないんですよ。
逃げて~!!ってすごい思いました。
豪華客船っていったら、密室だし、何か必ず事件が起こるじゃないですか。ミシシッピー殺人事件しかり、(懐かしい)タイタニックしかり。
誰一人欠けることなく無事に船を降りることができたのかとても気になります。
Copyright © a.b.c.. all rights reserved.