FC2ブログ
愛と萌えのパワーをピンキー改造に燃やすブログです。

Private eyes その2
P1010963.jpg
前髪にパテ盛りして少しけずってみました。
みみも、位置を見ようと思ってつけてみました。みみは前髪パーツにつけるのか、後ろ髪パーツにつけた方がいいのか、もしパーツのさかいめにつくことになったらどうしよう…とか心配だったんですけど、後ろ髪パーツにつければ問題ないみたいです

数日前、ブログの訪問者数がすごかったんです。
いったいなにが起こったんだろうとびびったんですが、私が、小説の別館URLを教えてもらいたかったのが縁で、大手のリボーンディノヒバサイト様が私のブログにリンクしてくださったためでした。
今までアドレス請求したことなかったんですけど、私が、ディノヒバのここがすごい!!と思うところの一つが、1回のデートにかける費用がハンパないということなんです。
中学生同士のデートだったら、学校帰りにパピコを二人で分けてちゅーちゅーするくらいだと思うんですけど、特に雲雀さんがディーノさんのいるイタリアに行くとなるとすごいんです。そんなお話が、前後編で、後編だけが別館だったので、読みたくてしょうがなかったのです。
イタリアでデートをする時のディノヒバあるあるなんですけど、
ディーノさんはプライベートジェットや運転手付きの車で雲雀さんを迎えに行って、ホテルの最上階か、古城を改築したすっごくいい部屋に泊まらせるんです。
そして、かわいい雲雀さんを見せびらかしたくてしょうがないので、パーティーに連れて行きたくて、黒とか濃紺とか、ディーノさんが考える雲雀さんに一番似合うスーツを仕立ててあげるんです。
雲雀さんも、いつもは群れがいるところには行かないんですけど、いろいろ面倒みてもらってるので、結構あっさりパーティーに出てくれるんです。
で、ディーノさんは女性に、雲雀さんは男性にもてもてなので、お互いにやきもちを焼きあってホテルに帰るんです。そして、帰ってから朝まではけっこうなページを使って仲直りします。
次の日には、二人で世界遺産や美術館に行くんですけど、ディーノさんに敵対するマフィアが、ディーノさんをけがさせるか、雲雀さんをさらうんですよ!残ったほうが、マフィアを倒して一件落着です。
ラストには雲雀さんに結婚指輪をわたさないといけないので、イタリアの老舗宝石店で作らせたり、代々家に伝わったりしてる指輪を仕込んでおかないといけないんです。
映画みたいな恋したい!と思って再現しようとすると、とんでもないお金がかかると思うんですよ!
ディーノさんが眼鏡をかけてパソコンに向かってせっせと稼いだお金を中学生に使ってるっていうのが、すごいなあと思うんですよね。
スポンサーサイト



Copyright © a.b.c.. all rights reserved.