FC2ブログ
愛と萌えのパワーをピンキー改造に燃やすブログです。

宿命の都



上半身は、サクラ大戦のさくらのパーツの帯のリボンを取り、袖を削って襟をつけました。
下半身は、ロングスカートのパーツにパテを巻いただけです。なぜ足がチラ見えしているのかというと、本当はティーエはズボンみたいなのをはいてるんですよ。それが見えるようにしたかったのですが、時間がなかったので作れませんでした。

ティーエは古代アトランティス大陸に住んでいた人です。この時代は、まだ立体裁断の技術がないので、布を巻きつけて着ていたようです。
「風の大陸」は、「世界ふしぎ発見」並に勉強になります。

色を塗る前は、仏像を彫ってるみたいでした。ピンキーを初めて買った日、道立近代美術館で、「空海展」を見たんです。仏なんて、いるんだかいないんだかわかんないようなものを具現化する先輩モデラーの運慶快慶はすごかったです。私も今日から頑張っていこう、って思いました。私、晩年は仏像を彫り上げたりするようになるんでしょうか。
スポンサーサイト



Copyright © a.b.c.. all rights reserved.